いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界で一番詳しい ウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

著者:塚本勝巳 
出版社:飛鳥新社
単行本:288ページ
発売日:2012-09-07
分類: 科学・テクノロジー 
キーワード: 世界  一番  ウナギ   
評価 3.7   読者数 2.4
世界で一番詳しい ウナギの話 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 なぜ、動物は旅に出るのか―ヒトも魚も「脱出」する
第2章 ウナギの進化論―深海魚から回遊魚へ、二億二〇〇〇万年の歴史
第3章 ネガティブ・データの大切さ―グリッドサーベイと耳石の研究
第4章 海山に「怪しい雲」を追う―三つの仮説と検証の一四年
第5章 ハングリードッグ作戦―なぜ、親ウナギは塩分フロントを求めるか
第6章 ウナギ艦隊、出動ス!―世界初の天然卵採集、親ウナギ捕獲
第7章 ウナギ資源保全のために何をすべきか―回遊の多様性と完全養殖実用化のポイント

<新聞書評>

<塚本勝巳の本>