いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

松本俊夫著作集成I──一九五三─一九六五

著者:松本俊夫 
出版社:森話社
単行本:616ページ
発売日:2016-06-03
価格:6480円
分類: ノンフィクション  映画  映画論・映像論  演劇 
キーワード: 松本 
松本俊夫著作集成I──一九五三─一九六五
       

<マイリスト>

<目次>

1 一九五三‐一九六〇
  • 現実に密着した美術を―ニッポン展評
  • 作者内部の概念規定が曖昧―武井・針生論争
  • 『銀輪』 ほか
2 一九六一‐一九六三
  • 疑似前衛批判序説
  • モダニズムとクリティック
  • 「バラの蕾」とはなにか―『市民ケーン』とオーソン・ウェルズ ほか
3 一九六四‐一九六五(本能と外界の接点を抉る―『にっぽん昆虫記』(日活)
書評―武井昭夫著『創造運動の論理』
文学における「戦後」の超克 ほか)

<新聞書評>