いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと

著者:ポール ポラック 
出版社:英治出版
単行本(ソフトカバー):336ページ
発売日:2011-06-14
分類: 経済学 
キーワード: 世界一  問題  シンプル    現場 
評価 4.0   読者数 2.7
世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと
       

<マイリスト>

<目次>

答えは単純で当たり前のこと
現実的な解を導く12のステップ―誰にでも実行可能なこと
3つの誤解―なぜ、貧困をなくすことができないのか?
すべては「もっと稼ぐこと」から―ネパール農家は訴える
残りの九〇%の人たちのためのデザイン―現場からニーズを掘り起こす
新たな収入源を求めて―一つの作物では解決できない貧困
水問題を解決するイノベーション―あらゆる場面で生産性は向上できる
一エーカー農家から世界が変わる―冬にキュウリが育てられる!
主役は貧しい人たち―商品が売れる市場をつくる
スラムの可能性―誰にでもチャンスは開かれている〔ほか〕

<ブログ等>