いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

【増補改訂版】心の傷を癒すということ――大災害精神医療の臨床報告

著者:安 克昌 
出版社:作品社
単行本:443ページ
発売日:2011-05-27
分類: 災害  社会学概論  心理学 
キーワード:     災害  精神  医療 
評価 3.8   読者数 2.3
【増補改訂版】心の傷を癒すということ――大災害精神医療の臨床報告
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 震災直後の心のケア活動―1995年1月17日?3月
  • 私の被災体験
  • 精神科救護活動はじまる ほか
第2部 震災が残した心の傷跡―1995年4月?96年1月
  • PTSDからの回復
  • 死別体験と家族 ほか
第3部 災害による“心の傷”と“ケア”を考える
  • “心の傷”とは?
  • “心のケア”とは? ほか
増補第1部 被災地の復興と災害精神医学
  • 震災時の心の風景
  • 震災から四年目の神戸―虚無感と希望 ほか
増補第2部 安克昌と本書に寄せて
  • 安克昌先生を悼む
  • 『心の傷を癒すということ』、サントリー学芸賞選定の選評 ほか

<別版>