いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?

著者:内田 樹  高橋 源一郎 
出版社:ロッキングオン
単行本:333ページ
発売日:2012-06
分類: 社会学概論  日本論 
キーワード: 日本 
評価 3.8   読者数 2.8
どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?
       

<マイリスト>

<目次>

2010年9月‐2012年3月日本政治の動き
第1回 浮き足立つな。まあ、座って、お茶でも一杯
第2回 「まず給料を返納する」とか言う政治家は、絶対信用するな!
第3章 福島第一原発事故後の日本の「脱・原発路線」は、ワシントンのご意向である
第4章 「風の谷」が、21世紀の日本のモデルである。我々は、「腐海」とともに生きるしかない
第5回 「原発を作らせない」「沈む日本で楽しく生きる」この両方を実現している場所が、今、この国には存在する
第6回 我々が、橋下徹を生み出した
総括対談 2011年3月11日以降、我々はこう生きている

<内田 樹の本>

<高橋 源一郎の本>