いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画 (立東舎)

著者:岡田 秀則 
出版社:リットーミュージック
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2016-09-23
分類: 映画  映画論・映像論  演劇 
キーワード: 映画   
映画という《物体X》 フィルム・アーカイブの眼で見た映画 (立東舎)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 なぜ映画を守るのか
“私たち”の映画保存に向かって 対談:石原香絵
第2章 フィルム・アーカイブの眼
私のシネマテーク修業日記 ノンフィルムの巻
第3章 映画保存の周辺
シネマテークの淫靡さをめぐって 対談:蓮實重彦

<新聞書評>