いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「あまのじゃく」に考える: 時流に流されず、群れをつくらず、本質を見失わず (単行本)

著者:平川 克美 
出版社:三笠書房
単行本:221ページ
発売日:2015-04-23
分類: 仕事術・整理法  趣味・実用  人生論・教訓 
キーワード: あま  群れ  本質 
評価 3.8   読者数 2.4
「あまのじゃく」に考える: 時流に流されず、群れをつくらず、本質を見失わず (単行本)
       

<マイリスト>

<目次>

1 「自力で考えない人」は、生きていないも同然―人間は間違え、そして、考える動物である
  • 何でも「二者択一」にしてしまう誤り
  • なぜ、いつも期待とは逆の結果になるのか ほか
2 これからどうなるのか?―「働くこと」と「生きること」―「拡大」と「成長」で、複雑な問題は解決するのか
  • 幸福になるためのものには値札がついていない
  • 富は増やさなければならないものか ほか
3 頼りになる知性、ならない知性―本を読むと、見えてくるもの
  • 自分の“限界”を知ることでわかること
  • 読むべき本は一瞬で見分ける ほか
4 「正義」よりも信ずるに足ることはあるか―「根っからの善人」も「生まれながらの悪人」もいない
  • 「善人」を演じ続ける人
  • 「正義」はなぜ、ときに暴走するのか ほか
5 「人と違うこと」を考えるのではなく、「人と違うよう」に考える―誰もが「異物」を抱えながら生きていく
  • 「強い現実」「弱い現実」
  • ありえないシナリオ ほか

<平川 克美の本>