いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

渋沢栄一「論語」の読み方

著者:渋沢 栄一 
出版社:三笠書房
単行本:329ページ
発売日:2004-10-01
分類: 社会・政治  東洋思想 
キーワード: 渋沢  栄一  論語  読み方 
評価 3.8   読者数 2.9
渋沢栄一「論語」の読み方
       

<マイリスト>

<目次>

学而篇―人生いちばんの楽しみをどこに求めるか
為政篇―心に“北極星”を抱く人の生き方
八〓(いつ)篇―自分の資質にさらに磨きをかける
里仁篇―この心意気、この覚悟が人生の道を開く
公冶長篇―“一時の恥”にこだわって自分を小さくするな
雍也篇―成功のカギ「先憂後楽」の生き方
述而篇―これぞ沈勇、大勇の人
泰伯篇―孔子の恐ろしいまでの“現実主義”
子罕・先進篇―男子一生の“本懐”をどこに求めるか
顔淵・子路篇―ともに生きるに足る友、切り捨てる友
憲問篇―自分への“厳しさ”に自信がもてるか
衛霊公・李氏・陽貨・子張篇―孔子流の最高の“自己実現”法

<渋沢 栄一の本>