いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

身体で考える。

著者:内田 樹  成瀬 雅春 
出版社:マキノ出版
単行本:277ページ
発売日:2011-06-15
分類: 現代思想  自己啓発  哲学  倫理学入門 
キーワード: 身体 
評価 3.6   読者数 2.8
身体で考える。
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 人は空に浮かべるほど無限の可能性を持つ
  • 合気道の懐の広さは肯定することにある
  • 限界を作らない人が伸びる ほか
第2章 歩行は人間性の根本を担う
  • 生きていること自体が身体に悪い!?
  • 老化する肉体を楽しむ ほか
第3章 ヨーガも武道も自分を知るためにある
  • 「けんかに強くなりますか?」
  • 目を閉じて耳を澄ます時間は大切 ほか
第4章 先行き不透明な時代を生き抜く胆力
  • 「今を楽しむ」という必死の覚悟
  • 自分の役割を全うする ほか
第5章 大震災後を生き抜く「身体の声」の聴き方
  • 武士は用事のないところには出かけない
  • 身体が感じる大震災の予兆 ほか

<内田 樹の本>