いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略

著者:及川 卓也 
出版社:日経BP
単行本:380ページ
発売日:2019-10-10
分類: Linux  Web構築・管理  クラウド  コンピュータサイエンス  パソコン  ビジネスとIT  環境とビジネス  経営理論  情報社会 
キーワード: ソフトウェア  ファースト  ビジネス  最強  戦略 
評価 3.8   読者数 2.9
ソフトウェア・ファースト あらゆるビジネスを一変させる最強戦略
       

<マイリスト>

<目次>

1章 ソフトウェア・ファースト
  • サービス化する社会
  • サービス化を支えるプロダクト開発手法の変化
  • ソフトウェア・ファーストとは
2章 IT・ネットの“20年戦争”に負けた日本の課題と光明
  • 日本経済の没落とIT産業力の関係
  • 要因1:ITを「効率化の道具」と過小評価
  • 間違った「製造業信奉」から抜け出せない
  • サービス設計―運用面での誤解
  • ITサービスで存在観を示すためのアイデア
3章 ソフトウェア・ファーストの実践に必要な変革
  • DXの本質的な意味
  • ポジション別に求められる意識の変化
  • プロダクト企画のやり方を変える
  • プロダクトの骨太の方針を決める
  • リリース後の運用を最初から考える
  • 組織変革を並行して進める
4章 これからの「強い開発組織」を考える
  • 理想の体制を考える前に
  • 開発組織を整備するステップ
  • エンジニアの採用難をどう乗り越えるか?
5章 ソフトウェア・ファーストなキャリアを築くには
  • キャリア形成の「型」を知る
  • 将来のキャリアパスを考える
  • 生涯「ソフトウェアに携わる人」として成長する
付録 モダンなプロダクト開発を行うための技術と手法