いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

著者:ハンス・ロスリング  オーラ・ロスリング  アンナ・ロスリング・ロンランド 
出版社:日経BP
単行本:400ページ
発売日:2019-01-11
分類: ノンフィクション  環境・エコロジー  経営学  国際政治情勢  仕事術・整理法  社会一般 
キーワード: 思い込み  データ  世界  習慣 
評価 4.2   読者数 3.8
[ベスト1000冊]
FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
       

<マイリスト>

<目次>

分断本能―「世界は分断されている」という思い込み
ネガティブ本能―「世界はどんどん悪くなっている」という思い込み
直線本能―「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み
恐怖本能―危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう思い込み
過大視本能―「目の前の数字がいちばん重要だ」という思い込み
パターン化本能―「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込み
宿命本能―「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
単純化本能―「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
犯人捜し本能―「誰かを責めれば物事は解決する」という思い込み
焦り本能―「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み
ファクトフルネスを実践しよう

<新聞書評>

<ブログ等>