いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い

著者:レオナルド・サスキンド 
出版社:日経BP
単行本:560ページ
発売日:2009-10-08
分類: 物理学 
キーワード: ホーキング  闘い 
評価 3.8   読者数 2.5
ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 たれこめる暗雲
  • 最初の一撃
  • 暗黒星
  • 古い時代の幾何学ではなく
  • 「アインシュタイン、神に何をすべきか命じてはならない」
  • プランク、より良い尺度を思いつく
  • ブロードウェイのバーにて
  • エネルギーとエントロピー
  • ホイラーの教え子たち―ブラックホールの中にどれだけの情報を詰め込めるか
  • 黒い光
第2部 奇襲攻撃
  • スティーヴンはビットを見失い、見つけられなくなった
  • オランダ人の抵抗
  • それが何の役に立つ?
  • 手詰まり
  • アスペンでの小競り合い
第3部 反撃
  • サンタバーバラの戦い
  • 待て!配線を逆にしろ
  • ケンブリッジのエイハブ
  • ホログラムとしての世界
第4部 戦争の終わり
  • 大量推論兵器
  • アリスの飛行機、または目に見える最後のプロペラ
  • ブラックホールを数える
  • 南アメリカの勝利
  • 核物理学ですって?ご冗談でしょう!
  • 謙虚さ

<新聞書評>

<レオナルド・サスキンドの本>