いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト

著者:フィリップ・リンベリー  イザベル・オークショット 
出版社:日経BP社
単行本:496ページ
発売日:2015-02-05
価格:2160円
分類: 産業研究 
キーワード:   本当 
ファーマゲドン 安い肉の本当のコスト
         

<マイリスト>

<目次>

1 厳しい現実
  • カリフォルニア・ガールズ―これが未来か?
  • くちばしでつつく―ラベルに隠された真実
2 自然
  • 沈黙の春―農薬時代の始まり
  • 野生生物―大いなる喪失
  • 魚―農業が海洋資源を奪う
  • アニマルケア―獣医に何が起きたか
3 健康
  • 無数の抗生剤―公衆衛生上の脅威
  • 太くなるウエスト―食品の質の低下
4 汚物
  • 豚みたいに幸せ―汚染の話
  • 南部の苦しみ―工場式養鶏の出現
5 縮みゆく惑星
  • 土地―工場式農場がいかに多くの土地を必要とするか
  • 水より濃い―枯れる川、湖、井戸
  • 100ドルのハンバーガー―安い食物という錯覚
6 未来のメニュー
  • 遺伝子組み換え―人の食料とするか、工場式農場の餌とするか
  • 中国―毛沢東の巨大畜産工場が実現
  • 国王、庶民、そして企業―力のありか
  • 新しい材料―食物について再考する
  • 解決策―迫り来る食料危機をどう回避するか
  • 消費者パワー―あなたにできること

<新聞書評>

<ブログ等>