いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教

著者:鵜飼 秀徳 
出版社:日経BP社
単行本:320ページ
発売日:2016-10-27
分類: 社会一般  宗教学  宗教史  仏教 
キーワード: 仏教 
評価 3.7   読者数 2.5
無葬社会 彷徨う遺体 変わる仏教
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 彷徨う遺体と遺骨
  • 火葬一〇日待ちの現実
  • 遺体ホテルが繁盛する時代 ほか
第2章 変わりゆく葬送
  • 葬儀のない葬儀場
  • 都心のビルに一万基の遺骨 ほか
第3章 縁を紡ぐ人々
  • 孤独死を防ぐ縁のかたち
  • 路上生活者を供養する僧侶 ほか
第4章 仏教存在の意義―佐々木閑氏に聞く
  • 日本仏教の特殊な成り立ち
  • 今を生きる人のための仏教 ほか

<新聞書評>

<ブログ等>