いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

この世とあの世 【講演集】

出版社:大法輪閣
単行本:313ページ
発売日:2020/06/10
価格:2750円
分類: 仏教 
この世とあの世 【講演集】
       

<マイリスト>

<目次>

1 「あの世・この世」と「浄土・現世」(阿満利麿)
2 日本人の死生観と仏教(末木文美士)
3 大悲心による世界の二重化(本多弘之)
4 なぜ生まれ、老い、死ぬのか(田上太秀)
5 亡き母の国へ行きたい―日本人は死んだらどこへ行きたいと願ってきたか(三橋健)
6 この世・あの世と現生・来生―親鸞聖人の往生観に向かって(華園聰麿)
7 唯識の生死観―阿頼耶識ということ(竹村牧男)
8 死者は生きている―日本仏教の特徴(峯岸正典)
9 キリスト教における「彼岸」と「此岸」(佐藤研)
10 時間論で考える「往生と成仏」(武田定光)
11 霊魂論の現在まで(竹内整一)

<新聞書評>