いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

オカルト・クロニクル

著者:松閣オルタ 
出版社:洋泉社
単行本(ソフトカバー):415ページ
発売日:2018/08/23
分類: 社会・政治  心理学  心理学入門  超常現象・オカルト  超心理学・心霊 
評価 3.6   読者数 2.4
オカルト・クロニクル
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに―信奉者はタフなロマンを!信奉者の敵は懐疑論ではなく安易な否定論だ!
ディアトロフ峠事件―ロシア史上最も不可解な謎の事件
熊取町七名連続怪死事件―日本版『ツイン・ピークス』の謎
青年は「虹」に何を見たのか―地震予知に捧げた椋平廣吉の人生
セイラム魔女裁判―はたして、村に魔女は本当にいたのか…
坪野鉱泉肝試し失踪事件―ふたりの少女はどこへ消えたのか…
「迷宮」―平成の怪事件・井の頭バラバラ殺人事件
「人間の足首」が次々と漂着する“怪”―セイリッシュ海の未解決ミステリー事件
「謎多き未解決事件」―京都長岡ワラビ採り殺人事件
ミイラ漂流船―良栄丸の怪奇
科学が襲ってくる―フィラデルフィア実験の狂気
岐阜県富加町「幽霊団地」―住民を襲った「ポルターガイスト」の正体
八丈島火葬場七体人骨事件―未解決に終わった“密室のミステリー”
獣人ヒバゴン―昭和の闇に消えた幻の怪物
ファティマに降りた聖母―7万人の見た奇蹟
赤城神社「主婦失踪」事件―「神隠し」のごとく、ひとりの女性が、消えた