いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「仕事ができる」とはどういうことか?

著者:楠木 建  山口 周 
出版社:宝島社
単行本:277ページ
発売日:2019/11/26
価格:1650円
分類: 仕事術・整理法  趣味・実用  人生論・教訓 
キーワード: 仕事 
評価 3.6   読者数 3.0
「仕事ができる」とはどういうことか?
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 スキル優先、センス劣後の理由
  • アート派、センス派は“ビルの谷間のラーメン屋”
  • ビジネスとは問題解決 ほか
第2章 「仕事ができる」とはどういうことか?
  • 労働市場で平均点にお金を払う人はいない
  • 「やってみないとわからない」センスの事後性 ほか
第3章 何がセンスを殺すのか
  • ビジネスパーソンの「エネルギー保存の法則」
  • 「横串おじさん」と位置エネルギーの“魔力” ほか
第4章 センスを磨く
  • センスの怖さはフィードバックがかからない点
  • 島田紳助の「芸人は努力するな」の意味 ほか

<楠木 建の本>

<山口 周の本>