いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)

著者:佐藤 航陽 
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
単行本(ソフトカバー):182ページ
発売日:2018-01-26
分類: ノンフィクション  社会と文化  社会学概論  情報社会 
キーワード: 時代  チャンス  技法 
評価 4.1   読者数 3.4
受賞:ビジネス書グランプリ8位 
時代を先読みし、チャンスを生み出す 未来予測の技法 (リベラルアーツカレッジ)
       

<マイリスト>

<目次>

国家の未来
政治の未来
第1章 未来に先回りしたものだけが勝ち残る
  • 未来予測はなぜ難しいのか?
  • 予測が難しいからこそ、強力な武器になる
  • 未来予測の鍵は「パターン」
  • 予測の次は、タイミングの見極め
第2章 未来予測の技法
  • 常に原理から考える
  • すべては「必要性」からはじまる
  • イノベーションの正体
  • テクノロジーの進歩と社会の変化に潜むパターン
  • パターンはビジネスの世界から見えてくる
  • 自らパターンを見出すには行動あるのみ
  • すべての企業の「目的地」はひとつ

<別版>

<佐藤 航陽の本>