いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」

著者:秋山 龍三  草野かおる 
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
単行本(ソフトカバー):237ページ
発売日:2016-05-14
分類: 食・栄養  美容・ダイエット 
キーワード: 食事  病気  からだ   
評価 3.9   読者数 2.7
「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村のからだを整える「食養術」
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 私たち日本人の体に合う食事とは?
  • 医者いらずの「食養」のルーツは、江戸時代生まれの祖母の食事
  • 「一汁三菜」に「梅干し」と「漬け物」が基本 ほか
第2章 未来の「体の力」を目覚めさせる正しい食べ物とは?
  • ふるさと村の主食は活きた生命の米、「玄米」
  • 「塩」は何よりも大事 ほか
第3章 ふるさと村の食事で体と心の健康を取り戻した人たち
  • すべての病気や不調は汚れてしまった血液から始まる
  • 拒食と過食の繰り返しによる「肥満」から脱し、本来の健康を取り戻したゆうこさんの場合 ほか
第4章 驚くほど体が変わる「ふるさと村の食養生活」現代実践編
  • マイペースに「食養生活」をスタートしてみませんか?
  • いつでも、どこでも、今日からできるふるさと村流「食養生活」六か条 ほか

<草野かおるの本>