いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術 高校生・大学生・ビジネスパーソンのためのサバイバルスキル

著者:柏木 吉基 
出版社:翔泳社
単行本(ソフトカバー):204ページ
発売日:2019/10/15
価格:1760円
分類: 情報社会 
キーワード: 問題解決  武器  高校生  大学生  ビジネスパーソン  サバイバル  スキル 
評価 3.8   読者数 2.4
問題解決ができる! 武器としてのデータ活用術 高校生・大学生・ビジネスパーソンのためのサバイバルスキル
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 これからの時代に求められるデータ「活用」リテラシー―なぜ分析方法ではなく活用力が必要なのか
第2章 本当に正しい問題を正しいデータで解いていますか?―目的思考力:目的や問題とデータを結びつける力
第3章 「これが問題なんです」ってデータでどう言えば良いの?―現状把握・評価力:問題を表現する力
第4章 結果だけが言えればそれで良いの?―要因特定力:アクションにつなげる力
第5章 世の中「方策君」ばかり―全体構成力:ストーリー(論理)を組み立てる力
第6章 情報サマリー力で「すなわち…」を言えるようにする―情報集約力:情報から結論を導く力
第7章 「データで問題解決できる」という幻想―視野拡大力:データからさらに視野を広げる力
第8章 個人と組織のデータ活用力を高めるために―実現力:リテラシーを実現する力

<柏木 吉基の本>