いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

著者:マイケル・C・フェザーズ 
出版社:翔泳社
大型本:472ページ
発売日:2009-07-14
分類: ソフトウェア開発・言語 
評価 4.2   読者数 2.9
[ベスト1000冊]
レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 変更のメカニズム
  • ソフトウェアの変更
  • フィードバックを得ながらの作業
  • 検出と分離
  • 接合モデル
  • ツール
第2部 ソフトウェアの変更
  • 時間がないのに変更しなければなりません
  • いつまで経っても変更作業が終わりません
  • どうやって機能を追加すればよいのでしょうか?
  • このクラスをテストハーネスに入れることができません
  • このメソッドをテストハーネスで動かすことができません
  • 変更する必要がありますが、どのメソッドをテストすればよいのでしょうか?
  • 1カ所にたくさんの変更が必要ですが、関係するすべてのクラスの依存関係を排除すべきでしょうか?
  • 変更する必要がありますが、どんなテストを書けばよいのかわかりません
  • ライブラリへの依存で身動きが取れません
  • 私のアプリケーションはAPI呼び出しだらけです
  • 変更できるほど十分に私はコードを理解していません
  • 私のアプリケーションには構造がありません
  • 自分のテストコードが邪魔になっています
  • 私のオブジェクトはオブジェクト指向ではありませんが、どうすれば安全に変更できるでしょうか?
  • このクラスは大きすぎて、もうこれ以上大きくしたくありません
  • 同じコードをいたるところで変更しています
  • モンスターメソッドを変更する必要がありますが、テストを書くことができません
  • どうすれば何も壊していないことを確認できるでしょうか?
  • もうウンザリです。何も改善できません
第3部 依存関係を排除する手法