いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質

著者:養老 孟司  名越 康文 
レーベル: SB新書
出版社:SBクリエイティブ
新書:216ページ
発売日:2017/07/06
価格:880円
分類: 心理学  心理学入門  人生論 
キーワード: 他人    仏教  心理学  本質 
評価 3.6   読者数 2.5
「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「他人」をわかりたがる現代人
第1章 「わかる」の前に立ちはだかる他人の壁
第2章 誤解を無理に解く必要はない
第3章 「意識化」と「脳化」がもたらした弊害
第4章 無理解の壁に向き合える「場」の力
第5章 世界を席巻するグローバリズムの「壁」
第6章 判断を鈍らせているのは自分自身
終章 「違和感」を持つことで主体的に生きる

<養老 孟司の本>

<名越 康文の本>