いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

欺術(ぎじゅつ)―史上最強のハッカーが明かす禁断の技法

著者:ケビン・ミトニック  ウィリアム・サイモン 
出版社:ソフトバンククリエイティブ
単行本:539ページ
発売日:2003-06-21
分類: ノンフィクション  社会病理  情報社会 
キーワード: 史上  最強  ハッカー  禁断  技法 
評価 3.5   読者数 3.0
欺術(ぎじゅつ)―史上最強のハッカーが明かす禁断の技法
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 騙しの楽屋裏(セキュリティのウィーケストリンク)
第2部 犯行の手口
  • 無価値な情報の価値
  • 直接攻撃:ただ「それをくれ」と言うだけ ほか
第3部 侵入者への警戒
  • 建物への侵入
  • テクノロジーとソーシャルエンジニアリングの併用 ほか
第4部 守りを固める
  • セキュリティの自覚と教育訓練
  • 企業の情報セキュリティポリシー