いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

よかれと思ってやったのに 男たちの「失敗学」入門

著者:清田隆之 
出版社:晶文社
単行本:264ページ
発売日:2019-07-11
分類: 家族問題  社会一般  社会学概論  女性学 
キーワード:   失敗学  入門 
評価 3.7   読者数 2.7
よかれと思ってやったのに  男たちの「失敗学」入門
       

<マイリスト>

<目次>

1 モヤモヤさせていること
  • 小さな面倒を押し付けてくる男たち
  • 何かと恋愛的な文脈で受け取る男たち ほか
2 軽く引かれていること
  • 謝らない男たち
  • 女性の身体について無理解な男たち ほか
3 迷惑だと思われていること
  • イキるくせに行動が伴わない男たち
  • 男同士になるとキャラが変わる男たち ほか
4 悲しい気持ちにさせていること
  • 付き合い始めると油断する男たち
  • 「ほうれんそう」が遅すぎる男たち ほか
5 理解できないと思われていること
  • お金のつかい方が意味不明な男たち
  • 身体のことを考えていない男たち ほか

<新聞書評>