いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

原子力時代における哲学 (犀の教室)

著者:國分功一郎 
出版社:晶文社
単行本:320ページ
発売日:2019/09/25
価格:1980円
分類: 思想  哲学  論文・評論・講演集 
キーワード: 原子力  時代  哲学 
評価 3.6   読者数 2.5
原子力時代における哲学 (犀の教室)
       

<マイリスト>

<目次>

第1講 一九五〇年代の思想
  • 原子力を考察した二人の思想家
  • 核技術を巡る一九五〇年代の日本と世界の動き
  • ハイデッガーと一九五〇年代の思想
第2講 ハイデッガーの技術論
  • 技術と自然
  • フュシスと哲学
第3講 『放下』を読む
  • 「放下」
  • 「放下の所在究明に向かって」
第4講 原子力信仰とナルシシズム
  • 復習―ハイデッガー『放下』
  • 贈与、外部、媒介
  • 贈与を受けない生
  • 結論に代えて
付録 ハイデッガーのいくつかの対話篇について―意志、放下、中動態

<新聞書評>

<國分功一郎の本>