いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

街場の憂国論 (犀の教室)

著者:内田樹 
出版社:晶文社
単行本:356ページ
発売日:2013/10/05
価格:1480円
分類: 憲法  思想  政治入門  哲学 
キーワード: 街場 
評価 3.9   読者数 3.0
街場の憂国論 (犀の教室)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 脱グローバル宣言、あるいは国民国家擁護のために
  • 壊れゆく国民国家
  • 自民党改憲案に伏流するもの ほか
第2章 贈与経済への回帰
  • 市場からの撤収
  • 経済成長の終わりと贈与経済の始まり ほか
第3章 国を守るということ
  • 領土問題は終わらない
  • 沖縄の基地問題はどうして解決しないのか? ほか
第4章 国難の諸相
  • 日本のメディアの病
  • 暴言と知性について ほか
第5章 次世代にパスを送る
  • 教育の奇跡
  • 大学統廃合がもたらすもの ほか

<新聞書評>

<別版>

<内田樹の本>