いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

期間限定の思想―「おじさん」的思考〈2〉

著者:内田 樹 
出版社:晶文社
単行本:260ページ
発売日:2002-11-25
分類: ノンフィクション  ビジネス・経済  現代思想  思想  哲学  日本のエッセー・随筆  日本文学 
キーワード: 思想  おじさん  思考 
評価 3.6   読者数 3.1
期間限定の思想―「おじさん」的思考〈2〉
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 街場の現代思想
  • パートナー・デバイドの光と影
  • 「大人になる」とはどういうことか
  • ひとはなぜ仕事をするのか ほか
第2章 説教値千金
  • 社員をバカ化する企業の終焉
  • 覚悟も責任感も欠落した日本の官僚たち
  • 瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず ほか
第3章 私事で恐縮ですが
  • 私の専門―『寝ながら学べる構造主義』刊行によせて
  • ほっこり日々断章
  • ロングインタビュー―失われたおじさん像を求めて

<別版>

<内田 樹の本>