いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

文庫 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く

著者:渡辺 惣樹 
レーベル: 草思社文庫
出版社:草思社
文庫:246ページ
発売日:2020/12/04
価格:935円
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般 
評価 3.9   読者数 2.6
文庫 誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ハーバート・フーバーの生い立ち
  • 少年時代
  • スタンフォード大学時代、豪州での経験 ほか
第2章 『裏切られた自由』を読み解く―その1:共産主義の拡散とヨーロッパ大陸の情勢
  • 「編者序文」を読み解く:なぜ出版が遅れたのか、歴史修正主義とは何か
  • ルーズベルト外交の最初の失敗、ソビエトの国家承認 ほか
第3章 『裏切られた自由』を読み解く―その2:チェンバレンの「世紀の過ち」とルーズベルトの干渉(ルーズベルトの尻尾が見えた「隔離演説」;行動を起こしたヒトラー
  • ズデーテンラント併合とミュンヘン協定
  • チェコスロバキアの自壊) ほか
第4章 『裏切られた自由』を読み解く―その3:ルーズベルトの戦争準備
  • 中立法修正、干渉主義の最初の勝利
  • 国民世論工作 ほか
第5章 連合国首脳は何を協議したのか
  • 二回のワシントン会談―対独戦争優先の決定、原爆開発
  • カサブランカ会談―無条件降伏要求 ほか

<新聞書評>

<別版>

<渡辺 惣樹の本>