いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ルーズベルトの開戦責任: 大統領が最も恐れた男の証言

著者:ハミルトン フィッシュ  Hamilton Fish 
出版社:草思社
単行本:357ページ
発売日:2014/09/11
価格:1540円
分類: アメリカ史  日本史一般 
キーワード: 開戦  責任  大統領    証言 
評価 4.3   読者数 2.5
[ベスト1000冊]
ルーズベルトの開戦責任: 大統領が最も恐れた男の証言
       

<マイリスト>

<目次>

大統領と個人崇拝
アメリカ参戦への画策
若者を外国の戦場に送ってはならない
容共派に囲い込まれたFDR
イギリスを戦争に駆り立てたFDR
イギリス第一主義者:ウィンストン・チャーチル
ルーズベルトの対仏軍事支援密約(一九三九年)
ルーズベルトのフランスへの裏切り
ジョセフ・ケネディ駐英大使
リッベントロップ独外相との会談(一九三九年八月十四日)〔ほか〕

<別版>