いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向

著者:江崎道朗 
出版社:青林堂
単行本:210ページ
発売日:2020/05/27
価格:1650円
分類: 行政・官公庁  政治入門 
キーワード: インテリジェンス  保守  自由主義  新型  コロナ  日本 
評価 3.8   読者数 2.2
インテリジェンスと保守自由主義  新型コロナに見る日本の動向
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 インテリジェンス機関設立の背景
第2章 スパイ防止法に基づいて弾圧されたバルト三国
第3章 同盟国を盲信するな―ポーランドの悲劇
第4章 ソ連の人権侵害と戦争責任を追及するヨーロッパ
第5章 国際共産主義と闘い続けた日本
第6章 インテリジェンスを国策に生かす仕組み
第7章 新型コロナ対策が後手後手になったのはなぜか
第8章 自主独立を尊ぶ保守自由主義
第9章 インテリジェンスを支える富国強兵

<新聞書評>

<江崎道朗の本>