いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

パナマ文書公開とタックス・ヘイブンの陰謀

著者:宇田川敬介 
出版社:青林堂
単行本:236ページ
発売日:2016-05-20
価格:1620円
分類: 世界  各国経済事情 
キーワード: 陰謀 
パナマ文書公開とタックス・ヘイブンの陰謀
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「パナマ文書」に見えるタックス・ヘイブンとは何か
  • 公開された「パナマ文書」第一報
  • タックス・ヘイブン成立の歴史的意義 ほか
第2章 タックス・ヘイブンで有名になった世界的な事件と陰謀
  • 著者とタックス・ヘイブンのかかわり
  • マイカル倒産と経営者の心理状態 ほか
第3章 中国とロシアにおける社会主義とタックス・ヘイブン
  • 中国やロシアが特別に話題になる理由
  • ロシア革命と文化大革命の本当の意味 ほか
第4章 「パナマ文書」公開までの隠された真実
  • 「パナマ文書」の主要プレイヤー
  • 2013年のオフショアリークスとパナマ文書の関係性 ほか
第5章 パンドラの箱開封後の世界情勢
  • 陰謀の企画者と陰謀の協力者が共鳴して起きる社会的変化
  • パナマ文書第一報に対する各国の対応の類型 ほか
付録 パナマ文書の日本企業、役員、仲介者リスト一覧

<新聞書評>