いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

三人寄れば、物語のことを

著者:上橋菜穂子  荻原規子  佐藤多佳子 
出版社:青土社
単行本:184ページ
発売日:2014-12-19
分類: ノンフィクション  論文集・講演集・対談集 
キーワード: 物語 
評価 3.5   読者数 2.8
三人寄れば、物語のことを
       

<マイリスト>

<目次>

1 「こちら」と「むこう」が出会うとき―物語の生まれる場所
  • 全ては繋がっている
  • 物語の始まり
  • 似ている、似ていない ほか
2 物語を紡ぐ女神―世界の襞へわけいる力
  • 「ひとりの女の子」の物語
  • 「こういう技があったか!」
  • 唯一の正解の道を辿る奇跡 ほか
3 乱調が織りなすリアル―子どもたちは“物語”と遊ぶ
  • 無自覚の変拍子?
  • 禁断の領域へ
  • 丁寧に見つめることのリアル ほか

<上橋菜穂子の本>

<荻原規子の本>

<佐藤多佳子の本>