いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

趣味の社会学 文化・階層・ジェンダー

著者:片岡 栄美 
出版社:青弓社
単行本:430ページ
発売日:2019-09-23
価格:4400円
分類: 社会学概論  社会一般  社会と文化  女性学 
キーワード: 趣味  社会学  文化  階層 
趣味の社会学 文化・階層・ジェンダー
       

<マイリスト>

<目次>

序章 文化的平等神話
第1章 趣味の社会学の成立と展開
第2章 文化資本、ハビトゥス、実践
第3章 階級・階層から差異の空間へ
第4章 文化的オムニボアと象徴的境界―現代の文化資本とは何か
第5章 写真イメージにみる美的性向
第6章 文化消費の構造と階層・ジェンダー
第7章 階層再生産と文化的再生産のジェンダー構造―地位形成に及ぼす読書文化と芸術文化の効果
第8章 教育達成過程における家族の教育戦略とジェンダー―文化資本効果と学校外教育投資効果のジェンダー差を中心に
第9章 ジェンダーと文化―なぜ男の子はスポーツで、女の子はピアノなのか
第10章 バウンダリー・ワークとしての友人選択とハビトゥス―友人選択の基準にみる象徴的境界とライフスタイルの諸類型
第11章 階級のハビトゥスとしての文化弁別力とその社会的構成―文化の評価システムと社会階層

<新聞書評>