いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影

著者:石井哲也 
レーベル: イースト新書Q
出版社:イースト・プレス
新書:192ページ
発売日:2017-01-08
価格:880円
分類: バイオテクノロジー  遺伝子・分子生物学 
キーワード: ヒト  どこ     
ヒトの遺伝子改変はどこまで許されるのか ゲノム編集の光と影
       

<マイリスト>

<目次>

1章 ゲノム編集とは何か?―社会を変革する技術
  • 生命をかたちづくる設計図
  • 細胞たちは、なぜ手や足に自ら分かれていくのか
  • 遺伝子はどのように人間の体をつくるのか ほか
2章 難病は克服できるか?―遺伝子治療の可能性
  • 生まれながらの遺伝子変異
  • 世界初の遺伝子治療
  • 10年後の死亡事故 ほか
3章 親の望みはどこまで許されるのか?―生殖補助医療の可能性
  • 不妊と体外受精
  • 「親」を探す子どもたち
  • 拡大利用されつつあるPGD ほか

<新聞書評>