いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?

著者:西村 幸祐  ケント・ギルバート 
出版社:イースト・プレス
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2015-08-07
価格:1296円
分類: 政治入門  日米安全保障 
キーワード: 日本  自立      安保  体制  未来 
日本の自立 戦後70年、「日米安保体制」に未来はあるのか?
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 ポスト「戦後70年」の日米同盟
  • 「安倍訪米」の意味を伝えない日本メディア
  • これは日米の「歴史的和解」だ ほか
第2章 なぜ日米関係は「ねじれる」のか
  • 占領時代にすでに始まっていた「ねじれ」
  • アメリカ人は原爆をどう考えているのか ほか
第3章 覇権主義化する中国、追従する韓国
  • 中国軍の怖さは「軍備」ではなく「人」
  • 韓国という国のやっかいなポジション ほか
第4章 クールジャパンと変わりゆく日米文化構造
  • 論理を重視するアメリカ、精神を重視する日本
  • 安全保障としてのスポーツとカルチャー ほか

<新聞書評>

<ケント・ギルバートの本>