いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

はじめての福島学

著者:開沼 博 
出版社:イースト・プレス
単行本(ソフトカバー):416ページ
発売日:2015-03-01
分類: 各国経済事情  社会学  地域経済 
評価 3.9   読者数 2.8
はじめての福島学
       

<マイリスト>

<目次>

01 復興
  • 復興が「早すぎた」弊害も大きい
  • 復興予算の問題とは何か
  • 予算分配は「白」か「黒」かだけではない ほか
02 人口
  • 福島の人口流出は10倍誤解されている
  • 避難者は県内に戻りつつある
  • 制度から漏れ落ちる「マイノリティ」の県外避難者 ほか
03 農業
  • 「定番ネタ」が人の目を引かなくなった時に
  • センセーショナリズムが煽るのは、恐怖と憤怒
  • 吉田調書問題に象徴されるセンセーショナリズム ほか
04 漁業・林業
  • 漁業は震災前と比べてどれだけ回復しているか
  • 回復は「57%」「9%」―なぜ答えが二つあるのか
  • 色々な漁港に水揚げする故、数字の違いが出てくる ほか
05 二次・三次産業
  • 福島に一次産業従事者は多いか?
  • 「福島=電気で成り立ってきた」も間違い
  • それでも一次産業に注目すべき理由 ほか
06 雇用・労働
  • 復興需要で雇用は活性化
  • 人材不足は「工事関係」と「医療・福祉」
  • 「宿泊旅行者」は3.11後に2?3割増
07 家族・子ども
  • 流産や先天奇形の割合は震災前後で変化なし
  • 離婚率は下がり、婚姻率は上がる気配も…
  • 出生率は全国最大幅のV字回復 ほか
08 これからの福島
  • 「ビッグワード」に頼らずに福島を語る
  • 機関困難地域、避難指示区域、避難指示解除準備区域とは何か
  • 「今は決められない」という立場も尊重を ほか

<新聞書評>

<開沼 博の本>