いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

哲学しててもいいですか?: 文系学部不要論へのささやかな反論

著者:三谷 尚澄 
出版社:ナカニシヤ出版
単行本:217ページ
発売日:2017-03-10
分類: 思想  仏教  論文・評論・講演集 
キーワード: 哲学  文系  学部  ささやか 
哲学しててもいいですか?: 文系学部不要論へのささやかな反論
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 思へば遠く来たもんだ(ある地方国立大学教員(人文系)のいま
昇任問題 ほか)
第2章 「悟り」と「臆病な自尊心」の文化
  • 若者たち
  • 臆病な悟りの文化 ほか
第3章 大学のなかの人文学
  • 研究者か、市民か
  • 研究者養成型教育の行方 ほか
第4章 箱の外で思考する
  • 「さ、お昼にしょうけ」
  • 哲学の浮世離れ ほか
第5章 哲学の始め方
  • ソクラテスと異邦人の目
  • 例外者のための哲学? ほか

<新聞書評>