いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く

著者:室橋 裕和 
出版社:辰巳出版
単行本(ソフトカバー):368ページ
発売日:2020/09/11
価格:1760円
分類: 在日外国人・残留孤児  社会学概論  日本論 
ルポ新大久保 移民最前線都市を歩く
       

<マイリスト>

<目次>

はじめに 僕が新大久保に引っ越した理由
単なるコリアンタウンではない、多民族混在の街
外国人コミュニティを支える商売人たち
新大久保には神さまがたくさん
この街に人生を賭ける外国人たち
外国人が暮らすための「インフラ」とはなにか
オールドカマーとニューカマー、ふたつの世代の韓国人たち
はじめて開催された4か国合同の「新大久保フェス」
「よそもの」たちが紡いできた新大久保の歴史
結婚もビジネスもお祈りも音楽も、なにもかもが多国籍でごちゃ混ぜ
外国人との軋轢、日本人住民の葛藤
コロナウイルスは新大久保の姿を変えるのか
この街の未来を担う子供たち

<新聞書評>

<ブログ等>