いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「皇国史観」という問題―十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策

著者:長谷川 亮一 
出版社:白澤社
単行本:365ページ
発売日:2008-01
価格:4104円
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般 
キーワード: 史観  問題  事業  政策 
「皇国史観」という問題―十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 戦後における「皇国史観」をめぐる議論の展開
第2章 近代国体論の変容
第3章 「皇国史観」の提唱と流布
第4章 『国史概説』の歴史像
第5章 『大東亜史概説』の歴史像
第6章 国史編修事業と国史編修院

<新聞書評>