いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

翻訳地帯――新しい人文学の批評パラダイムにむけて

著者:エミリー・アプター  Emily Apter 
出版社:慶應義塾大学出版会
単行本:420ページ
発売日:2018-04-14
分類: 外国文学研究  日本文学研究  翻訳 
キーワード: 翻訳  地帯  批評  パラダイム 
翻訳地帯――新しい人文学の批評パラダイムにむけて
       

<マイリスト>

<目次>

イントロダクション(9・11後の翻訳―戦争技法を誤訳する)
第1部 人文主義を翻訳する
  • 人文主義における人間
  • グローバル翻訳知―比較文学の「発明」、イスタンブール、一九三三年 ほか
第2部 翻訳不可能性のポリティクス
  • 翻訳可能なものはなにもない
  • 「翻訳不可能」なアルジェリア―言語殺しの政治学 ほか
第3部 言語戦争
  • バルカン・バベル―翻訳地帯、軍事地帯
  • 戦争と話法 ほか
第4部 翻訳のテクノロジー
  • 自然からデータへ
  • オリジナルなき翻訳―テクスト複製のスキャンダル ほか
結論(新しい比較文学)

<新聞書評>