いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

アジアの文化遺産:過去・現在・未来 (東アジア研究所講座)

出版社:慶應義塾大学出版会
単行本:472ページ
発売日:2015-08-12
価格:2160円
分類: 社会学概論 
キーワード: アジア  文化  遺産  過去  現在  未来 
アジアの文化遺産:過去・現在・未来 (東アジア研究所講座)
       

<マイリスト>

<目次>

アジアの文化遺産―過去・現在・未来
世界遺産条約の課題とこれからの遺産アプローチ
ミャンマーの文化政策―ビルマ文化中心主義と、ある民族誌家の肖像
アンコール王朝繁栄の謎―碑文解読による歴史発見物語
ベトナムの世界遺産ホイアンと日本の歴史的関係
ガムラン―バリの音伝統と文化遺産
インド仏教聖地と文化遺産―ボードガヤーの変容
世界遺産としてのバーミヤン遺跡
エスニックツーリズムと文化遺産―麗江とタナ・トラジャ
中国における「遺産」政策と現実との相克―ユネスコから「伝統の担い手」まで
韓国の無形遺産保護政策の成立と展開
「白川郷」で暮らす―世界遺産登録の光と影
無形遺産条約と日韓の文化財保護法―その対応の相違
日本の文化財政策―無形文化遺産と文化的景観

<新聞書評>