いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「招待所」という名の収容所―北朝鮮による拉致の真実

著者:ロバート・S. ボイントン 
出版社:柏書房
単行本:274ページ
発売日:2017-08-01
分類: 外交・国際関係  朝鮮半島  政治入門 
「招待所」という名の収容所―北朝鮮による拉致の真実
         

<マイリスト>

<目次>

招待所へ
明治―日本の近代化
北朝鮮での再会
日鮮「同祖」論
北朝鮮での生活
政策としての拉致
天皇裕仁から金日成へ
偽りの経歴
帰国事業―日本から北朝鮮へ
招待所の隣人
奪われた子供時代―横田めぐみと寺越武志
ピョンヤンのアメリカ人
大韓航空機爆破事件
金日成の「金の卵」世にも怪奇な物語
偉大なる指導者は死し、民は飢える
ミスターxとの交渉
日朝首脳会談
帰国―北朝鮮から日本へ
滞在の「延長」
救う会
故国での暮らし

<新聞書評>