いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)

著者:磯辺 篤彦 
出版社:化学同人
単行本(ソフトカバー):192ページ
発売日:2020/07/31
価格:1650円
分類: 海洋学  建築・土木工学  水質汚濁 
キーワード: 海洋  プラスチック  ごみ  問題  真実  マイクロ  実態  未来予測 
評価 3.8   読者数 2.3
海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 海洋ごみの現状
  • 漂着ごみを空から測る
  • 漂着ごみを定点監視する ほか
第2章 プラスチックごみの何が問題か
  • プラスチックごみによる景観汚染
  • 景観汚染だけではない ほか
第3章 漂流するマイクロプラスチック
  • マイクロプラスチックとは何か
  • マイクロプラスチックの発見 ほか
第4章 マイクロプラスチックの何が問題か
  • 誤食されるマイクロプラスチック
  • 最悪のシナリオ(一)―化学汚染物質 ほか
第5章 私たちにできること
  • 最後の一パーセントが残る
  • 国内外の取り組み ほか