いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

情報を生み出す触覚の知性:情報社会をいきるための感覚のリテラシー (DOJIN選書)

著者:渡邊 淳司 
出版社:化学同人
単行本:184ページ
発売日:2014-12-22
分類: 科学・テクノロジー  情報社会 
キーワード: 情報  知性  社会  感覚 
評価 3.6   読者数 2.3
[ベスト1000冊]
受賞:毎日出版文化賞 
情報を生み出す触覚の知性:情報社会をいきるための感覚のリテラシー (DOJIN選書)
       

<マイリスト>

<目次>

序章 触知性
第1章 触覚と情報
第2章 触れて情報を理解する
  • 記号接地
  • 心臓ピクニック
  • 触覚の実在性と象徴性
第3章 触れて現れる情報、触れて残る情報
  • メディアのメッセージ
  • Yu bi Yomu
  • 触の類像、触の痕跡
第4章 触覚の語彙、語彙としての触覚
  • 分節、象徴、オノマトペ
  • 触感のカテゴリ―触相図
  • 音象徴、触象徴
第5章 触覚の文法
  • アブダクション
  • 触譜で表されるマッサージ
  • 言語的世界認識

<新聞書評>