いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

翻訳地獄へようこそ

著者:宮脇 孝雄 
出版社:アルク
単行本:202ページ
発売日:2018-06-22
分類: エッセー・随筆  英語  英語よみもの  翻訳 
キーワード: 翻訳  地獄 
評価 3.7   読者数 2.6
翻訳地獄へようこそ
       

<マイリスト>

<目次>

1章 翻訳基礎トレーニング―注意深く読み適切な訳語を見つけだそう
  • 多くの誤訳は名詞の意味の取り違えから生まれる
  • 翻訳者にとって辞書は引くものではなく読みこむものである
  • 慣用句は時に破壊力のある地雷となる ほか
2章 翻訳フィールドワーク―背景となる文化や歴史や地形を徹底調査せよ!
  • ジャンパーはイギリスではセーターのことなり!
  • ケンジントンのオランダ屋敷が翻訳小説に登場する謎
  • ドアの開け方はミステリ翻訳の重要なポイントとなる ほか
3章 翻訳実践ゼミナール―「表現」の翻訳を目指し試行錯誤の日々を送ろう
  • 007原作者フレミングの小説は翻訳修行に向いている
  • 英語の小説に登場する「京都弁」をどう訳すか?
  • なぜカウボーイは独立分詞構文で描かれたのか? ほか

<宮脇 孝雄の本>