いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

経済学者、未来を語る: 新「わが孫たちの経済的可能性」

出版社:エヌティティ出版
単行本:295ページ
発売日:2015-01-29
価格:2376円
分類: 経済思想・経済学説  経済学 
キーワード: 経済  学者  未来    可能性 
経済学者、未来を語る: 新「わが孫たちの経済的可能性」
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 孫たちが受け継ぐ世界(ダロン・アセモグル)
第2章 暗闇を抜けて明るい未来へ(アンガス・ディートン)
第3章 二一世紀型経済ハリケーンの不確実性コーン(アヴィナッシュ・K・ディキシット)
第4章 富と自己防衛型社会(エドワード・L・グレイザー)
第5章 ケインズ、彼の孫と我々の孫(アンドリュー・マスコレル)
第6章 二一世紀のアメリカ政治とグローバルな進歩(ジョン・E・ローマー)
第7章 一〇〇年後には(アルヴィン・E・ロス)
第8章 つぎの世紀のリスクとマネジメント(ロバート・J・シラー)
第9章 つれづれなるままに未来を語る(ロバート・M・ソロー)
第10章 地球の気候を変える(マーティン・L・ワイツマン)

<新聞書評>