いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

情報社会のいま ―あたらしい智民たちへ

著者:公文 俊平 
出版社:エヌティティ出版
単行本(ソフトカバー):216ページ
発売日:2011-05-09
分類: 情報社会 
キーワード: 情報  社会  いま 
評価 3.6   読者数 2.1
情報社会のいま ―あたらしい智民たちへ
       

<マイリスト>

<目次>

序章 情報社会とは何か
  • 社会をみる二つの視点―文明と文化
  • 文明と文化をもとに社会を分類する
  • 近代社会の一つの進化局面としての情報社会―トフラー説との違い
  • 社会をみるもう一つの観点―分布論的な見方
第1章 社会をみるためのモデル:S字波
第2章 近代社会の進化の大きな流れ
  • 近代化の三大局面
  • 近代化のさまざまな小局面
第3章 ソーシャル化のいま―通識・衆智とソーシャルメディア
  • 衆智としての通識―ブログとツイート
  • 社会知、ソーシャルグラフ、ソーシャルメディア
  • 情報社会の“文化変容”=人々の価値観や世界観の変化
第4章 智民たちのいま
  • サイバーアクティビストの出現
  • サイバーアクティビズムの分化と群衆化
  • 日本での智民形成
終章 日本の情報化のいま

<公文 俊平の本>