いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

日本復帰と反復帰: 戦後沖縄ナショナリズムの展開 (早稲田大学学術叢書)

著者:小松 寛 
出版社:早稲田大学出版部
単行本:338ページ
発売日:2015-06-10
価格:7452円
分類: 軍事 
キーワード: 戦後  沖縄  ナショナリズム  展開 
日本復帰と反復帰: 戦後沖縄ナショナリズムの展開 (早稲田大学学術叢書)
       

<マイリスト>

<目次>

戦後沖縄の帰属論争とは何か
第1部 日本復帰
  • 屋良朝苗の日本復帰運動の原点―1953年の全国行脚
  • 日本復帰の論理―民族・平和・国家・天皇
  • 「本土並み」復帰をめぐる日本‐沖縄間の交渉過程
  • 1970年前後における琉球政府による尖閣諸島問題への対応
第2部 反復帰
  • 反復帰論の淵源―1950年代の『琉大文学』を中心に
  • 反復帰論の構造と特質
  • 反復帰論における日本側知識人の影響―ヤポネシアとアナキズム
  • 反復帰論と沖縄独立論
日本と沖縄、国家と民族

<新聞書評>