いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

戦争とトラウマ: 不可視化された日本兵の戦争神経症

著者:中村 江里 
出版社:吉川弘文館
単行本:320ページ
発売日:2017-12-15
分類: 日中・太平洋戦争  日本史一般  軍事 
キーワード: 戦争  トラウマ 
戦争とトラウマ: 不可視化された日本兵の戦争神経症
         

<マイリスト>

<目次>

戦争とトラウマの記憶の忘却
第1部 総力戦と精神疾患をめぐる問題系
  • 兵員の組織的管理と軍事心理学
  • 戦争の拡大と軍事精神医学
  • 戦争の長期化と傷痍軍人援護
第2部 戦争とトラウマを取り巻く文化・社会的構造
  • 戦場から内地へ―患者の移動と病の意味
  • 一般陸軍病院における精神疾患の治療―新発田陸軍病院を事例に
  • 戦争と男の「ヒステリー」―アジア・太平洋戦争と日本軍兵士の「男らしさ」
  • 誰が補償を受けるべきなのか?―戦争と精神疾患の「公務起因」をめぐる政治
  • アジア・太平洋戦争と元兵士のトラウマ―地域に残された戦争の傷跡
なぜ戦争神経症は戦後長らく忘却されてきたのか?

<新聞書評>