いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

穂高小屋番 レスキュー日記

著者:宮田 八郎 
出版社:山と渓谷社
単行本(ソフトカバー):260ページ
発売日:2019/03/20
価格:1650円
分類: キャンプ  クライミング・ボルダリング  住まい・インテリア  登山・ハイキング  防災 
キーワード: レスキュー  日記 
評価 3.5   読者数 2.6
穂高小屋番 レスキュー日記
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 穂高に生きる―山小屋暮らし三〇年の日々
  • 一〇代で穂高の小屋番に
  • はじめて出動した遭難現場
  • 憧れと修業と研鑽の日々 ほか
第2章 遭難救助の現場から―人を助けるのは当たり前
  • 子供のはずが…予想外の事態の救出劇
  • スタッフ総出で救助救命に奔走した一夜
  • 奥穂高岳「間違い尾根」のハプニング ほか
第3章 わが師、わが友―その誇りと英知と死
  • 穂高の守り手たち
  • 映像で描く串田さんの言葉
  • 「アルパインクライマー」という矜持 追悼・今井健司 ほか